言語切り替え

熱帯魚の水槽をリセット

この度、10年ほど水を入れ替えたことがない水草水槽だったのですが、クロゴケが発生したのでリセットしました。
水草水槽は、時間を決めて強い照明とCO2の添加、水草のトリミング・・・。手がかかります。
今回は初心者でも手軽に楽しめる水槽にしてみました。

水槽の掃除と再セット

器具を全部取り払い、生体と水の奇麗な部分だけを別の水槽に移し替えて底砂を入れたところ。
水槽(W600、D450、H450のキューブ)はもちろん、フィルターも器具も全部奇麗に洗って半日ほど天日干ししました。

底砂はADAの AQUA GRAVEL

砂はADAのアクアグラベル。

値段は高めですが、多くの熱帯魚や水草は軟水を好むので、川の砂(アクアぐラベル)に決めました。

見た目は砂ではなく砂利に近く大磯砂に似ています。

 

 

濾過装置のセッティング

濾過は大きく分けて、物理的濾過と生物濾過があり、物理的な濾過はゴミを物理的に濾す装置。
生物濾過は濾材にバクテリア(硝化細菌群)を住み着かせて、アンモニア、亜硝酸イオン、硝酸イオン、・・・を無害化するための装置で多くの種類の濾材がある。

フィルター(濾過器)のサイズは大きい方がいいよ。

フィルター(濾過器)は外部式のエーハイム2215を以前から使用していたので、濾材を入れ替えました。
今回使用したのは生物濾過用で直径5mm程度の多孔性セラミックで金平糖のような形状の濾材と物理濾過用に付属のスポンジを使用しました。

フィルターの容積が大きいほうが濾材の体積も増えて濾過能力が上がるので、大きいサイズのフィルターにサブフィルターを接続するのがおすすめです。

以前、60cmの水槽にエーハイム2217(目安90cm水槽用)とサブフィルターを使っていたときは、10年間水替えなしで済みました。(半年に一度、片方づづのフィルター掃除はしましたけどね。)


水の吸い込み口にもストレーナスポンジ(物理濾過)を設置。これは、小さな熱帯魚が吸い込まれないためにもあるほうが良い。

エアーレーション

エアーレーションは水の酸素濃度を上げて、好気性バクテリアの活性化と熱帯魚の呼吸に必要なのもです。

水草水槽の場合は、植物の光合成で酸素が発生して水に溶け込みますが今回は水草を入れない予定でエアーを24時間供給します。(水草水槽では、光が当たっている間は二酸化炭素を添加、夜はエアーレーションです。)

今回は少し実験をしてみました。
たいていの場合は、エアーストーン(ブクブクと泡のでる石)を使用するのですが、今回は濾過フィルターの排水側に取り付けた二酸化炭素供給用の接続口を利用してみました。

エアーポンプ

植物を飼育しないのでエアーポンプは24時間稼働させます。

振動を伝えないためにフックにタイラップで吊すことでかなり静かです。

排水パイプに取り付けた逆止弁にエアーホースを接続。
エアーポンプの圧力が心配ですが
今回は様子を見ます。

水槽への流入口からエアーが見えます。
エアーがどれだけ水に溶け込むか?
今回の実験

照明で水槽が引き立つ。

水草を育てるのでなければLEDの照明器具が電気代も安く長持ちするのでおすすめです。最近の水槽用LEDランプはクリアだけでなく、レッドやブルー、グリーンがあり色を変えるだけで見え方が随分変わります。
LEDの場合、明るさをlm(ルーメン)で表記されています。暗いと見た目が悪いし、明るすぎると苔が発生しやすくなる。水草を育成しないのなら照明時間を短くして照明を明るめでいいと思います。
熱帯魚も1日の昼と夜のサイクルは成長に大切です。初心者のころ夜に眺めながら寝るのが好きで24時間照明をつけっぱなしにしていたところ1週間で全滅しました。このようにならないようにタイマーを利用して夜は照明を消してください。

今回は以前から使っている照明器具を使いますが、近々 買い替えの予定です。

ADAのアクアスカイがおすすめですが、コスパの点でアクロのLEDは光量も申し分ないと思います。

 

水を濾過(循環)して生体を入れる。

バクテリア投入

水槽の立ち上げやリセットの場合だけでない、水の状態をみてたまに少量を投入します。

これは本当に短時間で水が透き通ります。

 

水槽の飾りつけ

今回は天然の石と造花でレイアウトしましたが、流木や土管など色々なものがあります。グッピーなどはすぐに子供が増えるので、隠れ家になるような物を入れましょう。(生んだ子供を親が食べます)

この程度の設備でも生きた水草を飼育することができます。

二酸化炭素不要の植物(初心者におすすめ)

アヌビアスナナ

背は高くならずに横に球根のような物がのびて増殖していきます。

成長が遅く苔が付きやすいので、たまに苔掃除をしてください。

農薬が使用されている場合があるのでしばらくは別の容器で水に浸けてから水槽に入れてください。

葉っぱが小さめのアヌビアスナナプチもあります。

ミクロソリウム

ミクロソリウムは、たくさんの種類があるのですが、高価な値段のものは二酸化炭素が必要な場合があります。

背の高さは成長すると水面から出るほど育ちます。

葉の一部分が黒くなったりした場合はシダ病です。葉をカットしてください。

アナカリス

アナカリスは金魚の飼育でよく見かける水草で、成長が大変早く丈夫ですがこまめにトリミングが必要です。

 

ハイグロフィア・ポリスペルマ

ハイグロフィア・ポリスペルマは初心者の定番の水草です。

水草水槽の立ち上げ時には栄養分を吸収させるためによく使用します。

栄養分によって、明るいグリーンから赤茶などの変化がみられます。

パールグラス

アナカリスに似ていますが、より色が薄く、細かい葉をつけます。

縦に横にと成長が早いのでトリミングはかかせません。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

(水草)ラージパールグラス(無農薬)(5本)
価格:900円(税込、送料別) (2020/8/19時点)

 

マツモ

これも金魚の水槽でよく見かけます。成長が早く間延びする場合があるので美しく育てるのは少し難しいのですが丈夫です。

以上が簡単に育てられる水草の代表です。これ以外にも苔のようなウィロモス、浮草のアマゾンフロッグビットやサルビニアなどは比較的に育てやすいので挑戦してみてください。

生体を入れる

熱帯魚は一緒に飼育していけない種類があります。たとえばピラニアなんかは種類が違う魚を入れるとエサにしてしまいます。

ピラニアを飼っていたころエサを与えるのを数日忘れた事があり、気が付けば共食いをして1匹のピラニアが肋骨が見えるくらいになったことを覚えています。

大変だ!まだ生きていたので、被害を受けていたピラニアを分けて飼育したところ、だんだんと肋に皮が張り数日で元通りに・・・・。なんとすごい生命力です。

ピラニアはさておき初心者なら数種類の熱帯魚を飼育したいとおもうので、簡単に紹介します。
グッピー、ネオンテトラ、アカヒレ、ラスボラ、プラティー、コリドラス、オトシンクルス程度がおすすめです。
エンゼルフィッシュは飼育しやすくおすすめですが、大きくなるので小型魚と混ぜるのはよくありません。

 

 

 

 

 

 

小さな熱帯魚を多く入れると結構きれいです。慣れてきたら色々な生体に挑戦したらいいと思います。

グッピーは初心者でも飼いやすいのですが、掛け合わせることでいろんな生体が生まれます。高価なものになれば一匹 数千円のグッピーもあります。

エンゼルフィッシュも熱帯魚らしくて人気があり、比較的に飼育しやすく繁殖も簡単です。

その他のおすすめは迫力のあるアロワナや、見た目に美しいディスカスがありますが少し慣れてからがよいと思います。

経過観察

初心者におすすめの熱帯魚の水槽が出来上がりました。

これで10年ほど水を全部入れ変える必要はありません。

メンテナンス
①水が蒸発したらその分を補充。
②ガラスに苔が発生したらふき取る。
③石と造花は汚れてきたら洗う。
④濾材は半年に一回程度洗う。
⑤ストレーナースポンジはこまめに洗う。(予備を持っておくと便利)

注意事項
①エサは少なめに。(底に溜まると汚れの原因になります)
②照明、エアーの点検。
③冬場はヒーターで水温24℃~25℃にしてください。

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました